川越igoまち倶楽部のホームページへようこそ!

このホームページは、「川越igoまち倶楽部」が囲碁を中心に、様々な情報を提供するために開設しました。
みなさまからのお問合せ、ご意見などもお寄せいただけますので、コミュニケーションツールとしてご活用いただければ幸いです。

新着情報

(1)2021川越ジュニアigoまち戦中止のお知らせ

2021川越ジュニアigoまち戦チラシ」

第73回川越市民文化祭として、子どもの級位者を対象とした囲碁大会「2021川越ジュニアigoまち戦」を下記のとおり企画しましたが、新型コロナウイルス感染が急拡大したこと、及び申込者数が予想を大幅に下回ったことから、誠に残念ではありますが、大会は中止にせざるを得ないという判断に至りました。
お申し込みいただいたみなさまと、実施にあたり様々なご配慮・ご協力をいただいた関係各位に心からお詫びとお礼を申し上げます。
いずれコロナの感染が落ち着きましたら、再度日程を調整して大会を開催したいと考えておりますので、その折はよろしくお願いいたします。

  • 日時:2021年8月22日(日)受付開始9:20 対局開始10:00
  • 場所:蓮馨寺講堂
  • 参加資格:埼玉県内在住・在学及び県内の囲碁教室に通う小・中学生(未就学児を含む)の級位者
  • 参加費:1,000円

(2)「キモノで囲碁女子」イベント実施報告

「キモノで囲碁女子」イベントの様子
「キモノで囲碁女子」イベントの様子
「キモノで囲碁女子」イベントの様子
「キモノで囲碁女子」イベントの様子

コロナ禍の中、「キモノで〇〇シリーズ」で様々な着物の楽しみ方を発信してきた着物レンタル業者さんたちと川越igoまち倶楽部が協力し、キモノ体験と囲碁体験をセットにしたユニークなイベント「キモノで囲碁女子」を実施しました。
ダンススタジオの大きな鏡を使って着付けのプチレッスンを受けた後、いよいよ囲碁体験です。講師は日本棋院埼玉県支部連合会の貴堂会長さんにお願いし、囲碁の基本ルールを実にやさしく、ユーモラスに説明していただきました。
ルールがわかったところで、さっそく対局です。皆さん最初は戸惑いながら盤の上に石を置いていましたが、igoまち倶楽部のスタッフのサポートを受けながら、やがて石を取ったり取られたりに夢中になり、小さな歓声や悲鳴(?)も聞こえてきました。
囲碁インストラクターの内野仁恵さんも横浜から着物で駆けつけ、貴堂会長と息のあった対局デモンストレーションを披露し、会場を沸かせました。華やかで和やかな雰囲気のなか、予定の1時間はあっという間に過ぎ、記念撮影でお開きとなりました。
着物と囲碁はやっぱり相性がいい、とつくづく感じた秋の1日でした。

  • 主催:川越igoまち倶楽部、れんたるきものや寛kan、縁側ちゃぶ台お着物や、川越着物レンタル柚屋、岸田ダンスアカデミー
  • 日時:2020年11月4日(水)13:00〜15:00
  • 場所:岸田ダンスアカデミー(川越市新富町1-11-2シントミビル4階)
  • コロナ対策:マスク着用、検温、手指消毒、対局者の間に透明シートの仕切板を設置等。

 詳しい内容:「キモノで囲碁女子」のご案内(PDF)

(3)埼玉キワニスクラブの「社会公益賞」を受賞しました

「社会公益賞」授賞式の様子
「社会公益賞」授賞式の様子
授賞式の様子

川越igoまち倶楽部では「地域で子どもを育てよう」という理念のもと、囲碁を通じて子どもの人間力を育む活動を行ってきましたが、その実績が評価され、このたび埼玉キワニスクラブの「第14回社会公益賞」を受賞いたしました。
(キワニスクラブとは、ロータリークラブやライオンズクラブと同じ国際奉仕団体で、子どもたちの幸せのための活動を行っています。)
当初、2020年4月に授賞式が行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となり、去る7月8日にさいたま市の清水園で授賞式が行われました。
このたびの受賞は、皆様のご理解とご協力の賜物であり、この場をお借りして心より感謝申し上げます。
なお、受賞の記事が週刊碁に掲載されましたので、ご覧ください。(HPへの記事掲載については、週刊碁編集部の許可を得ています)

(4)igoまちキッズ再開とコロナウイルス対策

コロナウイルス対策
コロナウイルス対策
⇑7月5日の教室の様子
コロナウイルス対策
コロナウイルス対策
⇑感染防止対策(上:検温、下:受付)

川越igoまち倶楽部でも新型コロナウイルス感染拡大を受け、活動を休止してきましたが、緊急事態宣言の解除、感染状況の推移などを踏まえ、6月21日から親子囲碁教室「川越igoまちキッズ」を再開しました。
ただ、ウイルス感染を防止するため、以下のような対策を講じた上での再開となりました。

  • 朝出かける前に検温し、体調が悪い場合は参加を見合わせる
  • 会場の換気をよくするため、ドアは基本的に全て空けたままにする
  • 会場設営の際、テーブル、椅子、碁盤をアルコールで消毒する
  • 会場入口でスタッフが検温する
  • 会場入口で手指を消毒する
  • 隣の人と距離を空けて(できれば2m、最低1m)座る
  • 対局する際にはマスクの他、フェイスシールドを着用する
  • 対局中は不要なおしゃべり、大声での会話をしない
  • 教室終了時に碁盤と碁石をアルコール消毒する

また、休止中は囲碁インストラクターの内野仁恵さんに横浜からオンライン囲碁レッスンをしていただき、多くの子どもたちに参加してもらいましたが、7月5日には内野さんが教室に来訪、ポイントプレゼント、講義や指導碁をしていただきました。
子どもたち、保護者の皆様にもコロナ対策にご協力いただき、おかげさまでこれまで無事に教室を運営することができています。
「新しい生活様式」ということが言われていますが、しばらくはこのスタイルが続きそうです。

(5)「オンラインigoまちキッズ」

コロナウイルス対策
コロナウイルス対策
オンラインレッスンの画面

新型コロナウイルス感染拡大を受け、親子囲碁教室「川越igoまちキッズ」は2020年3月から当面の間、休会せざるを得ないこととなりました。
再開の見込みが立たない中、スタッフからZoom(Web会議システム)を使ってオンラインレッスンをしたらどうかという提案がありました。
知り合いの囲碁インストラクター、内野仁恵(ひとえ)さんにお願いしたところ、快くお引き受けいただき、2020年4月26日(日)か「ひとちゃん先生のオンラインigoまちキッズ」として実施することになりました。
レッスンの内容は、詰碁タイム、布石クイズ、2グループに別れての連碁など(日によって内容が異なります)で、問題に正解するとポイントがたまり、ポイントに応じてプレゼントがもらえるので、参加した子どもたちは楽しく、真剣に問題に取り組んでいます。
家にいながらインストラクターのレッスンが1回200円で受けられますので、ぜひ一度体験してみてください。
 詳しい内容・申込方法など:「川越igoまちキッズ」のページ

(6)「囲碁・まちづくりコーディネーター」の委嘱について

コーディネーター委嘱状
日本棋院の委嘱状

川越igoまち倶楽部の齋藤常務理事兼事務局長が令和元年9月1日付けで日本棋院から「囲碁・まちづくりコーディネーター」に委嘱されました。
人と人との結びつきが希薄になっていくなか、地域での世代を超えた交流という大きな課題の解決には、囲碁の役割が今後ますます重要になると思われます。
囲碁を通じて子どもたちの生きる力=人間力が育まれ、活動に携わる人々が「やりがい」や「いきがい」を実感し、それが地域社会の活性化=まちづくりにつながる、そうした信念のもとに活動を続けてきた実績が多方面から評価され、今回の委嘱に至りました。
今後も川越の先進的な取り組みを全国に広めていくとともに、地域に根ざした地道な活動を継続して職責を果たしてまいりますので、皆様のご理解とご支援をお願いする所存です。

(7)川越igoまちBOOKのお知らせ

川越igoまちBOOK表紙
ハンドブック表紙(PDF)

川越igoまち倶楽部では、囲碁教室の他、「まちづくり」の視点を入れた様々な囲碁イベントを実施し、各方面から評価をいただくようになりました。
そこで、このたび地域づくりハンドブック「川越の ひと力・囲碁力・地域力~みんなで楽しく、囲碁で、まちづくり」(略称:川越igoまちBOOK)を発行しました。
川越igoまち倶楽部の活動や地域づくりの考え方を、写真やイラストを豊富に使って紹介していますので、囲碁の普及活動や市民活動の場で、広くご活用いただければ幸いです。
 詳しい内容・購入方法など:「川越igoまちBOOK」のページ

(8)「小江戸まちかどigoサロン」ご案内

まちかどigoサロンの様子
まちかどigoサロンの様子
まちかどigoサロンの様子

川越igoまち倶楽部では、川越を訪れた観光客の方に囲碁を体験していただくとともに、会員の皆様や子ども囲碁教室の生徒さんなどが自由に囲碁の対局ができる場「小江戸まちかどigoサロン」を2016年4月にオープンしました。
初心者から高段者まで、雰囲気のある和室の空間で、囲碁をお楽しみいただけます。ぜひ一度お越しください。

開催日時:下の表のとおり(原則として第1日曜日の午後)
会場:川越市仲町観光案内所(川越市仲町2番地3)
参加費:無料

<ご留意ください>
・観光客への対応を優先させていただきます。
・碁盤の数が限られていますので、お待ちいただくこともあります。

<2021年度実施予定>
事情により、7月までは中止といたしましたが、8月〜9月は新型コロナウイルスの感染防止のため、中止とさせていただきます。(10月以降の実施は未定です)

(9)日本棋院小江戸川越支部について

川越igoまち倶楽部では、平成27年2月1日、「日本棋院小江戸川越支部」を設立しました。
川越igoまち倶楽部と小江戸川越支部とは別組織ではありますが、密接に連携し、「川越囲碁まつり」や「親子囲碁教室・川越igoまちキッズ」などの事業を実施しています。
小江戸川越支部では、日本棋院発行の雑誌購読などをしていただく支部会員を募集しています。会員になると、種別に応じて雑誌などが定期的に届くほか、以下のような特典があります。
●日本棋院で専門棋士の指導碁が会員料金で受けられます。
●囲碁用品、大会賞品の購入料金割引が受けられます。
●日本棋院会館の利用料金の割引が受けられます。
●日本棋院ホームページ上で無料動画講座が視聴できます。(マイページ登録が必要)

ぜひこの機会に日本棋院小江戸川越支部への入会をご検討ください。入会希望、その他お問合せは事務局まで。
※事務局:川越市中台元町2-7-12 TEL/FAX:049-245-3439 E-mail:igomachi@ki-la.net
 会員の種類など、詳しくは「会員の種類と内容(PDF)」をご覧ください。

いろいろ囲碁情報&川越情報

  • 「オーナーサロン囲碁教室」について
    川越市内のアパートプラザグループ(運営:株式会社天極)では、「オーナーサロンカルチャークラブ・囲碁教室」を実施しています。
    開催日時は原則として毎月第2・第4木曜日の14:00〜16:00、会場はJR川越駅西口徒歩2分のところにある川越プラザビル(川越市脇田本町6-9)5Fの「アパプラオーナーサロン」です。
    囲碁に興味のある方なら誰でも参加でき、初心者から高段者まで楽しむことができます。講師は川越igoまち倶楽部の役員等が務めていますが、お手伝いいただける経験者の方も募集しています。
    駅からも近く、快適な空間ですので、ぜひ一度お越しください。
    現在、新型コロナウイルス感染防止のため、囲碁教室は休止しております。再開日が決まり次第、このホームページでお知らせいたします。お問い合わせ:Tel.049-291-5531案内チラシへのリンクボタン

川越igoまち倶楽部とは

「川越igoまち倶楽部」は、囲碁をテーマとし、伝統文化のまち「小江戸川越の地域特性」を連動させた、新しい文化創造・文化交流を目指す参加体験型のまちづくり事業を行っている団体です。商店街と連携して実施した「igoキッズまつり」や、プロ棋士と対局する「百面打ち大会」などを通じ、囲碁に親しむ人も、そうでない人も、ともに楽しんでいただける事業を実施してきました。この経験をさらに発展させて、囲碁の効用によって子どもの健全な育成を目指す事業にも取り組んでいます。
 詳しくは「活動のご案内」のページをご覧ください。