ごあいさつ


関口会長

2012年3月31日、「川越igoまち倶楽部」の前身である「川越囲碁まつり実行委員会」は「第1回川越囲碁まつり」を開催しました。このイベントは、囲碁愛好家を対象とする一般的な囲碁大会ではなく、囲碁をテーマとし、伝統文化のまち「川越の地域特性」を連動させた新しい文化創造・文化交流を目指す、参加体験型のまちづくり企画として実施したものです。囲碁に親しむ人も、そうでない人も、ともに楽しめる内容だったとして、多くの方から評価をいただきました。

この成功を踏まえ、「川越囲碁まつり」と「小江戸川越」に関心を寄せてくださる人たちとの日常的な関係性を構築するため、年1回のイベントだけでなく、日常的に情報発信を行うとともに、囲碁の魅力に触れ、気軽に囲碁に親しめる場づくりを行うことにより、囲碁文化の普及を目指していくことといたしました。そして、そのための活動母体として「川越囲碁まつり実行委員会」を発展的に解消し、2012年11月1日、「川越igoまち倶楽部」が発足いたしました。

「川越igoまち倶楽部」では、上記の目標を達成するため「川越囲碁まつり」の開催、子ども・若者・女性に対する囲碁普及活動、ホームページの運営、囲碁を中心とした情報提供など、さまざまな活動を展開していくこととしております。

また、こうした活動を理解し、支援していただくサポーターとして、川越igoまち倶楽部会員を募集しています。入会していただいた方には、「囲碁まつり」への優先参加、メールマガジン等による情報提供、タイアップしている農園での収穫体験などの特典をご用意しています。是非多くの個人・企業・団体のみなさまにご入会いただき、川越igoまち倶楽部の活動を支えていただけることを願っております。

今後も「川越igoまち倶楽部」では、日本の伝統文化である囲碁の素晴らしさを多くの人に伝え、囲碁を通じた地域の活性化を目指して、囲碁と小江戸川越を愛するみなさまとともに、活動を展開していきたいと考えております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

川越igoまち倶楽部 会長 関口一郎